【動画】奈良国立博物館で開かれている「春日大社のすべて」展=福野聡子撮影
[PR]

 創建1250年を記念し、奈良・春日大社の歴史と信仰の全容を紹介する特別展「国宝 春日大社のすべて」(春日大社、朝日新聞社など主催)が奈良市の奈良国立博物館で開かれている。期間中、展示替えをしながら国宝57件、国重要文化財47件など計224件を展示する予定だ。朝廷や貴族らが奉納した宝物のほか、各地に広がった信仰を伝える品々もあり、祈りの美を重層的に感じとれる。

 会場では、猫がスズメを追いかける様子をいきいきと描いた国宝「金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)」(12世紀)、大きな虎の金具が赤糸に映える国宝「赤糸威大鎧(あかいとおどしおおよろい、竹虎雀飾〈たけとらすずめかざり〉)」(13~14世紀)など、当時の技術の粋を尽くした宝物が目を引く。源頼朝が寄進したと伝えられ、110年ぶりの修理を終えて初公開された重文「鼉太鼓(だだいこ)」(13世紀)は、鼓面の周りに施された竜の彫刻が見どころだ。

 また、榊(さかき)を鞍(くら)の上に立てた鹿の姿を表した重文「春日神鹿御正体(しんろくみしょうたい)」(14世紀)のほか、墨流し風の文様に沿って鳥やチョウ、ハチなどが飛ぶ国宝「蒔絵筝(まきえのこと)」(12世紀)、平安時代の形をほぼ残すとされる国宝「笙(しょう)」(12世紀)なども紹介され、歴史ファンでなくても楽しめる。

 数々の「春日曼荼羅(まんだら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら