[PR]

 16日に開催されたボストン・マラソン(米マサチューセッツ州)で日本選手として31年ぶりに優勝した川内優輝(31)が、来年3月末で勤め先の埼玉県庁を退職し、4月からプロランナーとして活動することを明らかにした。19日、成田空港に帰国し、報道陣に語った。

 川内はボストン・マラソンの優勝賞金15万ドル(約1590万円)の使い道を聞かれた際に「来年4月にプロに転向し、その活動資金にする」と明言。現在の勤務先である埼玉県庁を来年3月末に退職する意向を示した。川内は現在、埼玉県立久喜高校定時制の事務を担当。同校の創立100周年事業にも従事しており「今の仕事を滞りなく行い、引き継ぎも済ませて辞めることになる」と語った。

 「公務員ランナー」という肩書を捨てることについて、「最近は公務員ランナーも増えてきて、ひとつのやり方は示せたと思う。公務員として将来的にやりたいことはないが、マラソンランナーとしてはやりたいことがありすぎる」と語り、「自己ベスト(2013年ソウル国際の2時間8分14秒)も5年以上更新できておらず、環境を変えないといけない。自分が何をやりたいか、と考えた時、やはりマラソンで世界と戦いたいと思った」と話した。

 現在、競技に専念しているすぐ下の弟鮮輝(よしき)さんが昨年の福岡国際マラソンで自己記録を大幅に更新したことも刺激になった、という。ただ、2020年東京五輪については「暑さに弱いことがあり、自信が持てない」とこれまでの発言通りに消極的な姿勢を示した。(堀川貴弘)

こんなニュースも