[PR]

 伊藤忠商事は19日、コンビニと総合スーパー大手のユニー・ファミリーマートホールディングスを子会社化すると発表した。株式公開買い付け(TOB)により、出資比率を現在の41・5%から50・1%まで引き上げ、持ち分法適用会社から子会社化する。新たな協業関係の構築や、店舗内にAI(人工知能)やIotを活用するなど、小売り事業を強化するのが狙い。