[PR]

 防犯ブザーに装着されていた中国メーカー製の電池が破裂する恐れがあるとして、国民生活センターは19日、この電池の使用を控えるよう注意を呼びかけた。

 センターによると、西文舘(本社・札幌市)が販売する「安全防犯ブザー(生活防水)」についていた単4アルカリ電池。「Vinnic」というロゴと、ロット番号「12-2020」が記載されている。

 センターには昨年8月以降、「防犯ブザーに入っていた電池が破裂した」という情報が5件寄せられた。そのうち2件は、愛知県岡崎市で発生。市内の小学1年生に昨年配布した防犯ブザーの電池が、今年3~4月に破裂するトラブルがあった。

 センターは該当の電池が入ったブザーを10個調査。ブザーを鳴らし続けるテストを実施したところ、2個は1~2日後に電池が破裂した。ブザー本体に電池破裂につながる異常はなかったという。

 西文舘によると、2016年2月~17年4月、このロット番号の電池を入れたブザー約2万5千個前後を出荷。同じ電池でも他のロット番号では破裂したという情報はないという。問い合わせは同社東京支店(03・6802・4690、平日午前10時~午後5時)へ。(滝沢卓)