[PR]

 名古屋にゆかりがあるノーベル賞受賞者3人の手形モニュメントが名古屋市中区の広小路通に完成した。地元の栄町商店街振興組合が19日に記念式典を開いた。名古屋から未来の受賞者が出るようにとの思いを込め、子どもが触りやすい低い位置に設置した。

 手形は、2008年化学賞の下村脩さん(89)=名古屋大特別教授=、14年物理学賞の赤崎勇さん(89)=名城大終身教授=と天野浩さん(57)=名古屋大未来材料・システム研究所教授=のもの。

 手形のブロンズ板は30センチ四方で、厚さ2センチ。モニュメントを見た天野さんは「ものづくりだけでなく、名古屋といえば学問もすごい、というきっかけになれば。子どもたちも触りやすくていいですね」と話した。

 広小路通には13年、名古屋ゆかりの別の受賞者3人の手形モニュメントが設置されている。手形モニュメントは計6カ所となった。(竹井周平)