[PR]

 放射性汚染廃棄物の焼却処理に向けて、宮城県大崎市は19日夜、焼却灰を入れる最終処分場がある三本木地域で、周辺住民向けに勉強会を開いた。放射性汚染廃棄物処理の専門家が環境に与える影響などについて説明し、住民側からは質問が相次いだ。

 伊藤康志市長は市長選で4期目の当選を果たしたのを受けて、6月議会に試験焼却の費用を予算計上し、年内にも実施する考えを示している。

 勉強会の冒頭、高橋英文副市長が「皆さんが抱いている放射性物質による健康不安や、農作物の風評被害に対する恐れを少しでも解消されるようにしたい」とあいさつ。

 講師を務めた東北大多元物質科…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら