[PR]

 公安調査庁は20日、オウム真理教の後継団体「アレフ」から分派した「ひかりの輪」の本部施設(東京都世田谷区)を、団体規制法に基づいて立ち入り検査した。東京地裁は昨年9月、「アレフとは別団体だ」として、ひかりの輪への観察処分を違法と判断しており、判決後初めての立ち入りとなる。

 同庁によると、ひかりの輪は上祐史浩氏が代表を務め、約150人で活動。地裁判決後に国が控訴したため、東京高裁で裁判が続いており、今年2月にアレフなどとともに観察処分が更新された。

関連ニュース