【動画】幕張新都心の京葉線新駅予定地=松井充撮影
[PR]

 千葉市美浜区にJR京葉線の新駅を設置する構想をめぐり、千葉県と千葉市、地元企業代表のイオンモールの3者でつくる「幕張新都心拡大地区新駅設置協議会」とJR東日本千葉支社が20日、駅舎建設費の負担割合などに合意し、基本協定を結んだ。協議会は2024年度中の開業を目指している。

 新駅の予定地は同市美浜区浜田2丁目で、新習志野―海浜幕張間3・4キロのほぼ中間。13年に開業した大型商業施設「イオンモール幕張新都心」に隣接する。JR東によると、京葉線(東京―蘇我)の新駅は、1990年に開業した八丁堀、越中島、潮見の3駅以来になるという。

 駅舎建設費約130億円の負担割合は、イオンモールが半分で、県と市、JR東が各6分の1。協議会事務局の市交通政策課によると、JR東側から今月、合意するとの回答があったという。

 新駅構想は、91年に県がJR東に要請。景気低迷で一時凍結となったが、イオンモールの開業を機に、市と県、イオンモールが実現に向けて調査やJR東への要請を続けてきた。

 協議会は新駅の利用者を1万6千人と想定している。海浜幕張駅の16年度の利用者は1日約6万5千人で、JR東日本千葉支社の広報担当者は「幕張新都心の利便性と回遊性が高まり、新駅の利用者の向上が見込めると判断した」と説明。JR東によると、地元の請願を受けた駅でJR側が費用を負担した例は、あしかがフラワーパーク駅(栃木県足利市)や小田栄駅(川崎市)などがあるという。(熊井洋美)