[PR]

 夜間にジョギング中、体を触られた性被害の体験をもとに、恐怖心や戸惑いなど揺れる心を描いたマンガが注目を集めている。ツイッターで誰でも読め、投稿から10日間でリツイート(転載)は1万2千件を超えた。「私も同じ目に遭った」「あなたは悪くない」……。やるせない思いへの共感の輪が広がっている。

 作者は都内に住む漫画家の小西真冬さん(35)。10代まで男性だったが、性別適合手術を受け、今は女性として暮らすトランスジェンダーだ。

 被害に遭ったのは4月上旬の午後10時ごろ。走り慣れた住宅街を走っていたところ、急に背後に人の気配を感じた。次の瞬間、見知らぬ人に胸のあたりを触られたという。

 何が起きたかわからず、頭の中は「?」でいっぱい。驚き、混乱してうろたえた。自転車で逃げ去った男の姿はほとんど覚えていない。

 家にたどり着き、気持ちが落ち着くと、急に「怖い」という感情が押し寄せた。以来、街中で男性とすれ違うと、おびえるようになった。「『やる側』は一瞬の気の迷いかもしれないけれど、被害者には悲しみや怖さがずっと残る」

 そんな思いを知ってもらうため、ペンを走らせた。マンガをツイッター(@mahuyu524)で公開すると、性別に関わらず多くの反響が寄せられた。同情する声の一方で、批判や意見もあった。

 「根拠のない過信や自衛の甘さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら