[PR]

 千葉市美浜区の幕張新都心に、JR京葉線の新駅が2024年度にも開業する見通しとなった。千葉県、千葉市、地元企業のイオンモールでつくる協議会とJR東日本が20日、新駅設置の基本協定を結んだと発表した。

 新駅の場所は、新習志野―海浜幕張間3・4キロのほぼ中間が想定されている。JR東は今年度中に概略設計に着手し、駅舎の規格や工法を決める予定。駅舎の建設費約130億円の半分をイオンモールが負担し、残りを県と千葉市、JR東が同額ずつ分担する。

 幕張新都心では大規模マンション群やオフィスビルなどの開発が進み、県は1991年、JR東に新駅設置を要請していた。13年に大型商業施設「イオンモール幕張新都心」が開業し、20年東京五輪・パラリンピックでは幕張メッセでも競技が実施されることが決まっている。(熊井洋美)