[PR]

 三菱商事は20日、社長・会長経験者が就く特別顧問と相談役の制度を見直すと発表した。2020年に特別顧問を廃止し、常勤の相談役は無報酬の非常勤に変更する。経営の透明化を高めるという。

 相談役の後に就く特別顧問には現在、槇原稔氏と佐々木幹夫氏の2人が就いており、相談役は小島順彦氏のみ。いずれも経営には関与せず、対外活動などに従事している。

 槇原氏は19年3月、佐々木氏は20年6月の任期満了で退任し、新たに任命しない。小島氏の任期は22年6月までで、20年7月以降は無報酬の非常勤になる。

こんなニュースも