[PR]

平成とは 第2部:国のかたち(5)日本の自画像

 昭和から平成にかけて日本の自己イメージを形作ったのは、「外からの視線」だったのではないか。

 東の国、日本の経済成長を見習え。ルックイースト政策を唱えたマレーシア元首相のマハティールは92歳になった今も、日本を語る言葉が熱を帯びる。

 「日本人は恥ずかしいことをしたらハラキリをするでしょう。だから自動車づくりも竹細工のように正確で完璧だし、勤勉で地位を乱用することもない」

 1981年の首相就任時から日本の労働倫理や企業への忠誠心をたたえた。このルックイーストは、同じ頃に出版された米国人学者による「ジャパン・アズ・ナンバーワン」とともに、むしろ日本で評判となる。

 海外からの称賛と羨望(せんぼう)のまなざしは「大国」に手が届きそうな日本の自尊心をくすぐった。平成が始まる前、1人当たり国内総生産(GDP)で米国を抜き、その自負は現実となった。

 だが、その後の30年でマハティールが称賛した日本モデルは神通力を失う。経済の停滞に加え、最近では神戸製鋼所や東芝など日本を代表する企業の不正が相次いで発覚している。

 滅私奉公のような集団同調を求…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら