[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が核実験場を閉鎖する考えなどを示したことについて、訪米中の小野寺五典防衛相は20日午後(日本時間21日午前)、「現段階で国際社会をはじめ、日米で協調している圧力を緩めるタイミングではない」と述べた。米ワシントンで記者団に語った。

 小野寺氏は、北朝鮮に対し、「(日本が射程に入る)中距離・短距離の弾道ミサイルの放棄は触れていない。少なくとも核の放棄にも触れていない。これでは不十分だ」と述べ、北朝鮮の意図などを分析する考えを示した。そのうえで「引き続き最大限の圧力を加え、私どもが求める最終的な大量破壊兵器、核・ミサイルの放棄をめざす姿勢には変わりない」と強調した。