[PR]

 核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試射の中止、核実験場の廃棄を宣言した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長。非核化に向けた真意を、関係各国は注視している。

 中国国営新華社通信は21日朝、北朝鮮の報道を引用する形で「北朝鮮が21日から核実験とICBMの発射実験を停止することを決めた」との速報を中国語と英語で相次いで配信した。

 その後、平壌発の記事で、実験場の廃棄について「核実験停止の透明性を保証するため」とする北朝鮮側の説明も伝えた。

 中国は過去に北朝鮮がミサイル発射実験などをした際、中国内で反北朝鮮感情が高まるのを心配し、国内向けにはニュースの扱いを抑えることが多かった。だが、先月下旬の中朝首脳会談で両国関係が一気に改善したこともあり、朝鮮半島情勢の改善につながる今回のニュースでは積極的に伝える姿勢が目立つ。

 国営中国中央テレビは朝のトップニュースで報道。平壌駐在の記者からの電話リポートを交え、朝鮮労働党の決定内容について詳しく伝えた。(北京=延与光貞)

こんなニュースも