[PR]

 著名な俳人や歌人をゲストに招き、「旅」「恋」「酒」をテーマに語ってもらう「短歌&俳句『旅・恋・酒』in徳島」が21日、徳島市一番町の阿波観光ホテルであり、約250人が参加した。

 ゲストは歌人の佐佐木幸綱氏と伊藤一彦氏、俳人の坪内稔典氏。地元を代表する俳人の上窪(かみくぼ)青樹氏の司会で、テーマに沿った3人の俳句や短歌を紹介し、考えなどを語ってもらった。「恋」の歌について佐佐木氏は「理屈じゃないので、音楽的に気分を表現できれば一番素晴らしい」と語った。参加した徳島市の第十(だいじゅう)茂子さん(74)は「自然をたくさん歌われていて良かった。大変勉強になった」と話した。