正恩氏「自分の度胸と合う」2泊3日米ポンペオ氏を歓待

有料会員記事

ソウル=牧野愛博
[PR]

 北朝鮮を3月末から4月初めにかけて極秘で訪問したポンペオ米中央情報局CIA)長官を、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が自ら歓待していた。北朝鮮関係筋が明らかにした。面会は3、4回に及び、米朝首脳会談の開催に向けて前進したとされる。現在もCIAとみられる米政府高官が北朝鮮入りし、会談に向けた調整が続いているという。

 ポンペオ氏ら米政府当局者6人は、韓国で国家情報院の情報提供を受けた後、北朝鮮入りした。1日に正恩氏と初めて会談。正恩氏は「完全な核廃棄の意思」を表明した。在韓米軍の撤収も要求しなかった。北朝鮮側はこの時、抑留している米国民3人を解放する方針も決めたという。

 2泊3日の日程中、ポンペオ氏は食事会も含めて正恩氏と3、4回会談したという。また米朝の水面下協議を主導している金英哲(キムヨンチョル)党副委員長や、正恩氏に具申する政策をまとめる書記官室長らとも会談した。

 正恩氏は会談後、ポンペオ氏…

この記事は有料会員記事です。残り445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら