羽生結弦選手が祝賀パレード後に会見=瀬戸口翼撮影
[PR]

 平昌五輪金メダルを祝うパレードをした羽生結弦選手(23)は、22日午後2時すぎから、仙台市役所で記者会見に臨んだ。

 「改めて金メダルの重みを感じ、一つ一つの力が自分の背中を押してくれたと感じた。仙台、宮城県内を含めて復興の課題がある中でパレードを開いてくださり、僕自身重く受け止めている。復興のきっかけになるよう心がけたい」と語った。