【動画】陸自即応機動連隊の戦闘訓練を初公開=田中久稔撮影
[PR]

 陸上自衛隊第8師団の創隊56周年記念行事が22日、熊本市北区の陸自北熊本駐屯地であった。南西地域の防衛力強化のため、全国初の「機動師団」に改編されたのを受け、有事に緊急展開する第42即応機動連隊による戦闘訓練が初めて一般公開された。

 吉田圭秀師団長は東アジアの安全保障情勢に触れて「我々は刀を抜かないために、日々真剣に刀を研がなければならない」と述べた。車両や隊員の行進に続き、駐屯地を離島に見立てた訓練を公開。最新装備の16式機動戦闘車などが空包射撃をしながら突進し、侵攻を退ける様子を見せた。

 陸自のヘリや海自鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の哨戒機、空自新田原基地(宮崎県新富町)の戦闘機も飛来。陸自の多用途ヘリUH60は前日に部品が落下する問題があったため、飛行を取りやめた。(田中久稔)