[PR]

 主要7カ国(G7)外相会合が22日、カナダのトロントで開幕した。初日のこの日は北朝鮮問題を中心に話し合われ、北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試射の中止を表明したことについて、「前向きな動きとして歓迎する」との認識で一致した。さらに、北朝鮮の大量破壊兵器と、全ての射程のミサイル廃棄の実現を目標とすることでも一致した。

 G7外相会合の開催は、北朝鮮が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の「新年の辞」をきっかけに対話の動きを見せて以来、初めてとなる。23日までの2日間行われる。

 会合後の河野太郎外相の説明などによると、G7外相らは北朝鮮の今回の表明を「一歩前進」と受け止めつつ、非核化に向けた動きを注視する必要があるという点で認識を共有した。河野氏は記者団に、「北朝鮮の非核化が行われるまで、『最大限の圧力』を維持しなければならないことでも一致した」と強調した。

 6月初旬までに実現を目指す米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら