[PR]

 不妊治療で国内トップレベルの技術を誇る「セントマザー産婦人科医院」(北九州市八幡西区)で2016年、不妊治療で過って30代の女性を死亡させたとして、福岡県警は近く、当時の男性担当医や院長らを業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、女性は16年11月に不妊治療のために来院。卵管のつまりを検査するため、担当医らは全身麻酔をかけた上で腹腔(ふくくう)鏡を使って体内に空気を送り込む手術をしたが、途中で女性の容体が悪化。女性は別の病院に搬送されたが翌月、一定量の空気が血管に入って血流が妨げられる空気塞栓(そくせん)症によって死亡した。女性は手術前、健康だったという。

 県警は、医院側が適切な治療をしなかった可能性があるとして、業務上過失致死の疑いで捜査。捜査関係者によると、担当医らが過って血管の中に空気を送り込んだ可能性があるという。手術には院長らも立ち会っており、注意監督義務を怠ったと判断した。

 同医院はこれまでの朝日新聞の取材に、「多忙で難しい」などとして応じていない。