[PR]

 立憲民主党の辻元清美国会対策委員長は23日午前、「行政の信頼回復なくして政策論議なしだ。大臣のけじめなくして国会論議なしだ」と述べ、野党が求める麻生太郎財務相の辞任などに与党が応じない限り、国会審議の拒否を続ける姿勢を示した。国会内で記者団に語った。

 辻元氏は、与党から国会正常化に向けた働きかけは「ゼロだ」とした。辞任を表明した財務省の福田淳一事務次官については、「セクハラを認めたら懲戒になって退職金がゼロになる」と指摘。福田氏の辞任が24日にも閣議で認められる見通しになっていることを念頭に「あす(24日)にどういう処分をされるのか。国内だけではなく、国際的にも注目されている」と牽制(けんせい)し、「それもけじめの一つだ」と述べ、審議復帰の理由の一つになり得るとの考えを示唆した。(別宮潤一)