[PR]

 テキサス州ウィチタフォールズの実家を離れ、ニュージャージー州プリンストンへ。マイケル・マルティネスは、名門プリンストン大学で始まる新たな人生に向かった時の興奮を、今も忘れない。2000年だった。田舎育ちの青年の夢が現実になった、幸福な日々だった。けれども、幸福は間もなく不安に変わった。彼が受け取る奨学金や助成金だけでは学生生活をまかなえないと分かったからだ。学用品や冬のコートを含め、表だって出てこない必要な費用を捻出することができない。

 両親は2人とも教師だが、金は持っていなかった。母は少しでも息子に送金したいとクッキーを作って売ったが、それで足りるわけでもなく、マルティネスはアルバイトをすることにした。大学生活を満喫している金持ちのクラスメートとの付き合いを少し減らし、パートの仕事に出た。

 「プリンストン時代が楽しかったとは言えない。本音を明かせば、家族が金持ちでなかったことが、その根底にあった」と彼は言った。「まるで、おかに上がったカッパのような感じだった」

 それでもマルティネスは学業を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも