[PR]

 ひなびた漁村コムの海は、潜ってみると、「魚たちの大都会」だった。

 サンゴ礁にすむ何百匹もの魚にまじって、ウミガメが泳いでいた。若いジュゴンが2匹、視界をよぎって消えた。海底付近には、ツマグロ(訳注=サメの一種)の姿もあった。

 2002年に、多くの犠牲を払ってインドネシアの占領から独立した東ティモール。その首都ディリからは、悪路を揺られて東へ7時間でコムに着く。よそ者の姿はまれだ。ましてや、酸素ボンベを背に海に入る人なぞ、見かけることはまずなかった。

 「もう最高。こんなところは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも