[PR]

 スパイダーマン、アイアンマン、キャプテン・アメリカといった超人が活躍する映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)が今年で10周年を迎え、世界の映画市場を席巻している。最新作を含めて19本が公開され、全興行収入は世界で1兆6千億円を超える。

 先月27日、MCUの最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が日米同時公開された。米国では公開初週の週末3日で興行収入2億5千万ドル(約270億円)を突破、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の記録を上回った。日本では1日までの5日間で全国で観客約99万人、興収約14億5千万円を得た。

 MCUの原作は米国のマーベル・コミックス。マーベルの現名誉会長のスタン・リー(95)らのもと、スパイダーマンなどのキャラを生み出してきた。それぞれの物語の主人公らが共に戦う「アベンジャーズ」も人気となった。

 自社製作での実写化に乗り出し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら