[PR]

 2年前の熊本地震で被災し、避難してきた10代の親戚の少女にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた福岡県内の男に対し、福岡地裁は23日、懲役2年6カ月執行猶予4年(求刑懲役2年6カ月)を言い渡した。岩田淳之裁判官は「少女は精神科への通院を余儀なくされ、責任は軽くない」と指摘した。

 判決によると、男は2016年4月16日に起きた熊本地震の本震の直後、男の自宅で就寝中だった親戚の少女(当時13)に対し、体を触るなどわいせつな行為をした。

 岩田裁判官は熊本地震に直接言及しなかったが、「執行猶予が付いているが、あなたのやったことは許されない」と語った。

 関係者によると、少女は事件の約1年後に被害を申告したという。地裁は少女の特定を避けるため、男の氏名や年齢を明らかにしない決定をしていた。(一條優太)