[PR]

 今年で発売60年を迎えた日清食品の即席麺「チキンラーメン」のキャラクター「ひよこちゃん」が「暴走」している。SNS上で暴言を吐いたり、悪魔に変身したり。親しみやすさでロングセラー商品を支えてきた「よい子」が節目の年に悪役に変身した訳とは。

 4日、チキンラーメンの公式サイトにひよこちゃんの「辞表」が張り出された。ツイッターにも「ひよこにチキンラーメンの宣伝させるなんて」「やってられっか」などと不満をぶちまけた。6日には「アクマになりました」とつぶやき、鶏の姿をした悪魔「黒ひよこちゃん」に変身する動画が投稿された。

 これらは、チキンラーメンの発売60年にちなんだ販売促進の一環だ。

 悪魔に変身した動画は、キムチの辛みが楽しめる「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」(希望小売価格408円、税別)をPRする。ローソンの「からあげクン」とコラボした商品のPR動画では、誕生日を祝う名目で「からあげクン」のキャラクターを誘い出し、ドロップキックで崖から落とす残酷さを披露する。

 ひよこちゃんは1991年に誕生。2010年から2代目になり、親しみやすさを演出してきた。ただ、即席麺市場全体が拡大する一方、チキンラーメンの売り上げは、ここ数年横ばいで、ファンも中高年層が中心といい、若者への浸透が課題だった。

 節目のキャンペーンでSNSでの情報発信に力を入れた。ツイッターのフォロワーは8万3千人へと約3倍に増え、悪魔に変身した動画は、再生回数が400万回を超えた。「チキンラーメン始まって以来の最高の反応」(同社)という。

 おなじみのキャラクターを、イメージとは正反対の「奇行」に走らせることに、社内でも様々な意見があったというが、想像以上の反響で販売も伸びているという。同社の広報担当者は「次の展開も見守ってください」としている。(長橋亮文)