[PR]

 春の園遊会が25日、東京・元赤坂の赤坂御苑であり、フィギュアスケート男子羽生結弦選手と、国民栄誉賞を受賞した将棋の羽生善治氏が顔を合わせた。報道陣から、「羽生」つながりで握手をと求められ、笑顔で握手。周囲から「おお!」と声が上がった。

 羽生選手はこの日、上下共に紺色のスーツに青いネクタイ姿。園遊会後の取材でスーツのこだわりを尋ねられると、「なるべく細身のもので、自分のラインがしっかり見えるものをと思いました」とはにかみながら答えた。

 園遊会には、ソチ五輪で金メダルを獲得した後の2014年4月以来の出席。4年前については「右も左も分からなかった」というが、今回は「この素晴らしい自然の中で、自然の風のさわやかさや、都会の中での自然のきれいさを感じながら過ごしている」と話した。(緒方雄大)