[PR]

 中国外務省は23日、北朝鮮南西部の黄海北道(ファンヘブクト)で22日夜に交通事故があり、中国人観光客32人が死亡、2人が重傷を負ったと発表した。北朝鮮の乗務員ら4人も死亡したという。事故の詳しい状況や原因は明らかにしていない。

 中国国営中央テレビは、大破したバスの車体や病院で手当を受ける負傷者の様子を伝えている。

 中国の旅行業関係者によると、北朝鮮は一部地域を除いて冬季は団体ツアーを停止しており、今年は例年より早い10日から再開したという。この関係者は「金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が訪中して両国関係が改善したことを受けて、再開を早めたようだ。今年は観光客が増えるだろう」と話した。(大連=平賀拓哉)