[PR]

「みる・きく・はなす」はいま 発した先に

 壇上でマイクを握った女性が叫んだ。

 「ニッポンを変えるのは――?」

 一斉に声が上がる。

 「オレたちだ――!!」

 昨年7月、横浜市内で開かれた年1回の「サマーコンファレンス(サマコン)」。公益社団法人・日本青年会議所(日本JC=Junior Chamberの略)主催の会議に、各地域の青年会議所(JC)のメンバー1万人以上が集まった。

 JCは国際的な活動で、日本JCは1951年に創立した。「修練」「奉仕」「友情」を掲げており、ボランティア活動や選挙での公開討論会の実施、祭りの運営など社会的な活動をしている。

 この最大級のイベント・サマコンでは政治や経済について議論が交わされ、主な議題の一つが、これまで取り組んできた憲法改正だった。招かれて登壇した安倍晋三首相は言った。「JCのような全国組織でリーダーシップをとって議論していただきたい」

 改憲を目指す日本JCの今年の事業計画だった「目指せ全国3000万人賛成投票プロジェクト」。朝日新聞が入手した内部資料には、プロジェクトの10事業が記されている。

 ネット上で注目を集めるため、「憲法改正賛成」と書かれたボードを男女に持ってもらう「美女図鑑」「イケメン図鑑」。自衛隊に感謝を伝える歌などの音楽の拡散による賛成派の投票率向上。

 そのほかに「憲法を考えるフォーラム」「憲法改正ミーティング」「憲法改正賛成シール作成」「フェイスブックによる発信」「憲法漫画」「憲法改正動画拡散」といった事業も並ぶ。

 「憲法を変えたくないって言ってるヤツはバカ」。日本JCが姿を隠してこう発信し、後に削除、謝罪した「保守キャラクターツイッター・宇予(うよ)くん」も、その事業の一つだった。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら