[PR]

 ロシアのプーチン大統領とフランスのマクロン大統領は23日、電話で協議し、シリアでの化学兵器使用疑惑に基づき、米英仏がシリア攻撃に踏み切ったことの正当性をめぐり、互いの主張をぶつけ合った。

 ロシア大統領府の発表ではプーチン氏は「攻撃は深刻な国際法違反だ」とし、シリア内戦の政治解決をいっそう困難にしたと指摘した。フランス大統領府によるとマクロン氏は攻撃について「国際法が守られることを目的とした、正当なものだった」と主張した。

 ロシア側によると、プーチン氏は、現在シリア入りしている化学兵器禁止機関(OPCW)の調査チームの活動の重要性も強調したという。(ワシントン=疋田多揚、モスクワ=喜田尚)