[PR]

 カナダのトロントで23日午後1時半ごろ(日本時間24日未明)、大型バン1台が歩道に突っ込んで次々と通行人をはね、10人が死亡、15人が負傷した。地元警察は、運転していたアレク・ミナシアン容疑者(25)を拘束した。地元警察は、ミナシアン容疑者は故意に車を暴走させた可能性が高いとみて、動機などを慎重に調べている。

 事件現場はトロント市中心部から約20キロ離れた地区で、カフェなどが立ち並び、当時、大勢の人々でにぎわっていた。トロント市中心部では、主要7カ国(G7)外相会合が22、23の両日開催されていた。

 地元紙によると、大型バンは通行人で混雑している歩道に突っ込み、時速約70キロの速度で次々と通行人をはねた。車は歩道をジグザグに走行した模様で、目撃者の一人は地元紙に「高齢の男性がはねられて宙に飛ばされていた。みんな悲鳴を上げていた」と証言した。別の目撃者は「これは事故ではない」と意図的な犯行との見方を示した。

 大型バンは1キロ以上暴走したのちに停止。目撃情報では、運転していたミナシアン容疑者はバンを降りたのち、拳銃のようなものを警察官に突きつけたが、警察官に取り押さえられた。使われた大型バンはレンタカーとみられる。

 ミナシアン容疑者の動機は不明だが、グッデイル公安・非常時対応準備相は23日夜、「現時点では、国家安全保障の問題とは関係がないとみている」と述べ、国際テロ組織などとの関連を疑わせる情報はないとの見方を示した。(トロント=園田耕司)

こんなニュースも