[PR]

 長崎市のJR長崎駅北側にある工場跡地の開発事業者を公募していた三菱重工業は24日までに、通販大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)を中心とする企業グループを優先交渉権者に選定した。近く発表する。ジャパネットはサッカーJ1のV・ファーレン長崎を子会社に持ち、サッカースタジアムの建設を提案していた。

 開発予定地は、JR長崎駅から北に1キロ弱の三菱重工業長崎造船所幸町(さいわいまち)工場(長崎市幸町、敷地面積約7ヘクタール)。造船事業再編に伴い、今年度中に生産機能の移転を終える予定で、三菱重工は「住む・働く・楽しむ」をコンセプトに跡地の開発事業者を募っていた。

 関係者によると、ジャパネットは2万3千人収容のスタジアムを核に、ホテルや商業施設、マンションなどを整備する計画を外資系不動産会社とともに提案。長崎商工会議所など地元経済界も支持していた。ジャパネットのほかに、JR九州や長谷工コーポレーションなど複数の企業グループが応募していた。

 V長崎の現在のホームスタジアムは、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎。最寄り駅から徒歩30分ほどかかるなどアクセスが課題となっていた。