[PR]

 民進党と希望の党の24日の新党協議の結果、「国民民主党」に決まった新党の名前について、希望の当選1回議員が「新党ゼロ」を提案していた。世論調査で政党支持率が0%台になることもある党の現状に引っかけ、「真の意味でゼロからの再生を」という願いを込めたが、幻に終わった。

 提案したのは、昨年秋の衆院選で初当選した関健一郎(比例東海)、青山大人(比例北関東)、浅野哲(同)、森田俊和(同)、緑川貴士氏(比例東北)の各衆院議員。「支持率ゼロ。これが僕らの現実」「つまらないプライドは捨てよう」とのメッセージを盛り込んだプロモーションビデオを用意し、党執行部や同僚議員にアピールした。

 関氏は「民主党政権に対する有権者の『裏切られた感』はまだ残っており、新党がその名残だと思われることが一番ダメ」と説明。「糖質ゼロ」や「ゼロの焦点」といった表現を通じて「ゼロ」が世の中に浸透しているとの広告会社の調査結果も踏まえ、「新党名として関心をもたれやすい」と考えたという。

 「新党ゼロ」の案は採用されなかったものの、関氏は提案の意義について「上の人たちとは見えている景色が違う。党内の人間関係より、世の中の人たちがどう思っているかを考えられるのは僕らだ」と語った。(竹下由佳)