[PR]

 韓国と北朝鮮が27日の南北首脳会談で、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による「平和宣言」を出すことを検討している。南北関係筋によれば、韓国側では、その名とは違い実際は多くの武器を配備している非武装地帯(DMZ)で、重武装を禁じることを宣言に盛り込む案などが浮上している。

 朝鮮戦争は、米国が中心となった国連軍と北朝鮮軍、中国軍が1953年、「休戦協定」に署名して現在に至っている。文政権は、南北首脳会談の主な議題の一つに、朝鮮半島の平和体制の構築を掲げる。北朝鮮は、米国の脅威を減らすため、休戦協定を平和協定に転換することを目標としている。

 南北は今回、首脳会談で平和宣言を出すことで、平和協定につなげたい思惑があるとみられる。そのためには休戦協定の当事者である米国や中国の理解が必要で、平和宣言をその呼び水としたい考えとみられる。

 朝鮮半島のほぼ中央を南北4キ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら