[PR]

 自民党の石破茂元幹事長率いる石破派(20人)が、岸田文雄政調会長の岸田派(47人)に接近している。政策の近さを強調し、秋の党総裁選での連携をねらう。ただ、岸田派内からは冷ややかな声も漏れる。

 石破派会長代理の鴨下一郎・元環境相は24日、東京都内のホテルで講演会を開き、講師に岸田氏を招いた。石破氏も参加。「岸田さんと私は見た目もキャラクターも随分違うが、次の時代に対する同じ責任を負っている」とアピールした。

 所属議員が少ない石破派は、総裁選での国会議員票獲得が課題。石破派幹部は岸田氏の不出馬を想定し、「共闘」の戦略を探る。石破氏も23日のBS11の番組で岸田派との連携を問われ、「政策の親和性があれば連携しないほうがおかしくないか」と踏み込んだ。

 一方、岸田派幹部は「石破派と組むメリットはなく、組んでどうしたいかのイメージがない」と突き放す。岸田氏もこの日の講演で「総裁選はいろんな立場から、いろんな考え方がある」と述べるにとどめた。(岩尾真宏)

こんなニュースも