[PR]

 国内のインターネット接続事業者(ISP)が、特定のウェブサイトへのアクセスを遮断するサイトブロッキング(接続遮断)問題が注目を集めている。政府は13日の閣僚会議で、ISPに対してマンガなどの海賊版が大量掲載された3サイトへのブロッキングを促す緊急対策を決定。これを受け、23日には国内最大の通信事業者であるNTTグループがブロッキングの実施を決定した。

 出版社は昨夏以降の海賊版サイト利用者急増で危機感を募らせ、対策を強く訴えていた。今回の政府方針は、その状況を受けてのものだ。

 だが、この方針決定は、適正な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら