[PR]

 道の駅河北(山形県河北町)の施設「ぶらっとぴあ」が4月から休館している。赤字が続き、指定管理者が町に指定取り消しを求めて認められたためだ。道の駅は産地直売所が人気を集めるなどして全国で増加中だが、一体何があったのか。

 東北中央道東根インターチェンジから西へ約2キロの国道287号沿い。4月19日に訪れると、ぶらっとぴあの3階建ての建物のドアは閉ざされ、中は薄暗かった。1階は売店、2階は観光パンフレットなどを置いた休憩室、3階はレストラン。約50台分の駐車場や屋外のトイレは利用できるものの、立ち寄った東根市の会社員の男性(59)は「3階に上がれば最上川がきれいに見えるかな、と思って訪れたのですが残念です」と話した。

 3月までは、情報通信機器販売・施工会社ゴトウ通信(河北町)が指定管理者として運営していた。2015年秋、指定期間を16~20年度とした公募に唯一応じた。だが、2年間で運営を断念した。後藤健治社長(60)は「地域に根ざした情報発信基地を目指してきたが、設備投資に見合うほど売り上げが増えなかった」と言う。

 道の駅河北が開業したのは1994年。国土交通省山形河川国道事務所によると、21カ所ある県内の道の駅で4番目に古い。

 町商工観光課によると、道の駅河北は当初は駐車場、トイレ、道路情報が中心だった。2000年ごろに1階に売店を置いたが、面積は30坪弱。後藤社長は「風除室にも商品を並べていた」と話す。

 設備の老朽化も課題だった。後藤社長によると、3階の厨房(ちゅうぼう)の冷蔵庫の保冷機能が衰えていたり、エアコンが動かなかったりしていた。そこで運営に向けて売店も含め、約1700万円かけて改装したという。

 そのおかげで利用客が増え、16年度に約3500万円だった売り上げは17年度には約4500万円に。ただ、赤字は続いた。

 後藤社長はさらに改装を進めようとしたが町が認めず、20年度の売り上げ目標7500万円を達成できないと判断。町と協議し、3月29日に指定取り消しになった。

 今年4月にできた道の駅米沢には、米沢牛を味わえるレストランや農産物が並ぶコーナーがある。道の駅は、ドライバーの休憩場所だけでなく、観光の目的地にもなりつつある。

 もともと物産販売をする想定はなかったという道の駅河北。町は休館後、3階のレストランをやめ、1階の軽食スペースを広げるなどの案を検討。再開の時期なども含め、どう改修していくのかといった案を6月議会に提出する。

■道の駅、今後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら