[PR]

 名古屋市中区の飲食店経営の男性が連れ去られた事件で、愛知県警に誘拐容疑で逮捕された会社経営の男(30)=名古屋市=が、この男性と仕事上でトラブルを抱えていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、会社経営の男ら5人の逮捕容疑は、2月下旬、20代の飲食店経営の男性を呼び出したうえ、暴行をする目的で名古屋市東区のマンションに連れ去ったというもの。逮捕された男の大半は、県警の取り調べに黙秘しているという。応じていても男性の行方については話をしていないという。

 5人は20~30代。会社経営の男は連れ去られた男性と仕事上の付き合いがあり、インターネット上のカジノゲームを巡るもうけ話などでトラブルになっていたという。会社経営の男がほかの4人に指示をして、飲食店経営の男性を連れ去ったとみられる。

 男性は今年2月23日、名古屋市東区で知人に会うために外出した後、足取りが分からなくなっている。知人女性によると、連絡が取れなくなった後、別の知人から「男性が金を持ってきてと言っている」と連絡があったという。