[PR]

 指導教員の負担や生徒の練習過多などの学校の部活動をめぐる問題を受け、県吹奏楽連盟(会長・矢島正群馬大教授)は22日、吹奏楽部の活動の負担軽減の方策を考える検討委員会の初会合を開く。今年中に提言をまとめ、活動の充実と休養の両立を図る。

 部活動をめぐっては、中央教育審議会で「学校の働き方改革」が議論され、スポーツ庁から3月に「中学の運動部活動に関するガイドライン」が出ている。

 県教委では4月、運動部だけでなく文化系も含めた部活動について、休養日の確保や活動時間などの運営方針をまとめ、県内の関係団体や各市町村などに通知した。県吹奏楽連盟の見直しは、これを受けた動きだ。

 連盟には県内の吹奏楽関係の約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら