[PR]

 大災害が起きた時、「福祉避難室」を各避難所に設けることを福岡市が決めた。市地域防災計画の修正案に盛り込まれ、24日の市防災会議で承認された。外国人に災害情報を発信し、避難所に通訳を派遣する支援センターが設置されることも決まった。

 修正では、熊本地震を受けての教訓が反映された。

 障害者や高齢者など、通常の避難所での生活が困難な人たちのために、障害者・高齢者施設に「福祉避難所」が設けられる。熊本地震では施設自体が被災するなどして、避難者を十分に受け入れられなかったことが課題となっていた。

 福岡市は現在98施設を福祉避…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら