[PR]

 韓国大統領府高官は25日、文在寅(ムンジェイン)大統領が5月中旬に訪米し、トランプ米大統領と会談するとの見通しを示した。27日に板門店で行われる南北首脳会談の結果を説明し、6月初めまでに開かれる予定の米朝首脳会談に向けて意見交換する。

 韓国大統領府の鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長が24日午後、ワシントンでボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と協議し、こうした内容について合意した模様だ。大統領府高官は25日、記者団に「米朝首脳会談を成功させるため、米国と緊密に協議していく」と述べた。

 韓国政府は南北首脳会談で、休戦状態にある北朝鮮との平和協定締結の足場となる平和宣言を発表したい考え。文氏は平和協定締結に向け、韓国と北朝鮮、米国による3カ国首脳会談を開きたい考えも示している。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも