[PR]

 明治維新150周年を記念して、歴史や文化を県内外に発信しようと、「明治150年記念式典」とその関連イベント(県など主催)が来月25、26日に鹿児島市で開催される。三反園訓知事が25日の定例会見で概要を明らかにした。子どもたちを主役にした記念式典や、街頭パレード、航空ショーなど多彩なイベントで歴史の節目の年を盛り上げる。

 県総合体育センター体育館で5月25日に開催される記念式典はコンセプトを「過去から現在、そして未来に向けて、子どもたちが先人たちの志をつなぐ」と設定。維新の精神を次世代に継承するため、子どもがメインとなる行事に県内の小中高校生約2千人が参加する。また政府関係者や、薩摩藩から留学生が渡った英国の大使館関係者ら、招待客約1千人を迎える。

 式典開式前には、中高生の弦楽四重奏による、維新のころの西洋音楽の演奏で会場を盛り上げる。さらに私立池田小学校合唱部による「我は海の子」の合唱のほか、県立松陽高校音楽部による、西郷隆盛や五代友厚などが登場する創作オペラで、雰囲気を高める。小中高校生が「県民決意のことば」を述べ、薩摩英国留学生をテーマに高校生による公開ディスカッションが開催される。

 26日には記念パレード、記念…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら