[PR]

 徳島市は25日、今夏の阿波踊りの開催日程や収支計画などを盛り込んだ事業計画の素案を明らかにした。26日開催の実行委員会の初会合で決定する。昨年までと同じ8月12~15日の4日間の開催で事業規模は約3億円程度。名称は「徳島市阿波おどり」とする案を示した。有料演舞場の自由席料金を引き下げるなどして恒常的な黒字化を目指す。

 この日、有名連の団体や民間企業など24団体で作る運営協議会の初会合で報告した。遠藤彰良市長は「ピンチをチャンスに変えられるよう、今年の阿波踊りをしっかりと運営したい」とあいさつした。

 名称に「徳島市」を加える案について、市側は「徳島開催をPRするため」としたものの、協議会のメンバーからは「発祥の地の徳島でわざわざ地名を付ける必要があるのか」「かえってかたい印象を受ける」などの反対意見が相次いだ。

 運営上の変更点として、有料演…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら