拡大する写真・図版 今年3月にポーランドで開かれたeスポーツの世界大会=ロイター

[PR]

 格闘技やサッカーなどコンピューターの対戦型ゲームをスポーツの競技とする「eスポーツ」の団体「日本eスポーツ連合」(JeSU)が、日本オリンピック委員会(JOC)への加盟を目指している。国際オリンピック委員会(IOC)は2024年パリ五輪での採用を検討しており、JeSUは選手の将来的な国際大会派遣に備える。JOCは慎重な姿勢だ。

 eスポーツを巡る動きは活発化している。2月、韓国で「平昌(ピョンチャン)五輪公認」と銘打った優勝賞金5万ドル(約550万円)の大会が開かれ、国内では5団体がまとまったJeSUも発足した。JOC加盟要件の「国内唯一の統括団体」を満たすためで、「日本のゲームを支える企業の9割が入った」(浜村弘一副会長)という。22年アジア大会(中国・杭州)では正式競技に加わる。

 JeSUによると、頻繁にeス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら