【動画】空海の修業の地「御厨人窟」が立ち入り可能へ=笠原雅俊撮影
[PR]

 弘法大師空海が悟りを開いた場所として知られる室戸市室戸岬町の御厨人窟(みくろど)と神明窟(しんめいくつ)の内部への立ち入りが今年12月にも認められることがわかった。ともに落石で閉鎖されていたが、御厨人窟は3年ぶり、神明窟は6年ぶりに再び入れるようになる。

 室戸岬の東側の崖にある御厨人窟は、隣にある神明窟とともに、約1200年前、若き日の弘法大師が修行した洞窟とされる。

 洞窟は民有地で、宗教関係者やお遍路さんが内部に立ち入ることができたが、御厨人窟では2015年11月、長さ約2・5メートル、幅50センチの石が落下。雨の浸食などで崩れたとみられ、市は窟(いわや)の前に柵を設けて封鎖した。神明窟も12年に落石があり、封鎖されていた。

 立ち入り禁止以降も、お遍路さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら