[PR]

憲法を考える~揺れる価値

 「非国民」「国民なめんな」「国民民主党」「国民の敵?」……。近頃、国民は忙しい。しかし「国民」はそれほど自明だろうか。明治憲法では登場もせず、日本国憲法でようやく書き込まれた存在でもある。「国民的熱狂」が渦巻くだろう東京五輪を前に考えた。(木村司)

 4月末、韓国・ソウル駅近くの「孫基禎(ソンキジョン)記念館」。オリンピックの花形、マラソンの日本男子唯一の金メダルは、展示ケースの中で輝きを放っていた。

 1936年8月、ヒトラーが国威発揚に利用したベルリン五輪。植民地下で「日本人」だった孫基禎選手(1912~2002)が獲得したものだ。2時間29分19秒の五輪新。

 当時の新聞は興奮気味に伝えている。「マラソン日本世界を征服」(読売)「日の丸の旗が二本スルスルと上った、何といふ感激」(朝日)――。

 ただ、記念館にその歓喜はない。目を引くのは、表彰台でうつむく孫選手の写真。勝利の2日後、友人に送ったはがきには「かなしい!!?」とだけ書かれていた。記念館を運営する孫の李埈承(イジュンスン)さん(51)は言う。「植民地支配は個人が一番喜ぶ瞬間さえ、悲しいものに変えてしまった」

 「事件」は続いた。東亜日報は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら