福田元首相「夫婦別姓、女性の働きやすさには必要かも」

[PR]

福田康夫元首相(発言録)

 人口は減る、働く人は減る。会社の組織、官庁の組織とか中身も、変えていかないといけない。女性にも働いてもらわないといけない。昨今のセクハラ問題とか、ああいうことをやっている限りは、対策にはならんと思う。

 そうじゃない前向きの女性対策を考えていかなければいけない。たとえば夫婦別姓制度、これは15年ぐらい前に議論した。あの頃はね、議論はしたけども、日本人はそういうことはダメなんだと一蹴されましたけど、しかし、こういうことも女性が働きやすい環境をつくるということになれば必要かもしれない。

 このことは、国会議員が決めなきゃいかんですよ。国会議員が議論して、どういう方法がいいのか国民に示して、国民の賛否を仰ぐ。大事なことは国会で議論して、お示ししないといけない。最近やってないですね。女性がもっと働けるような環境は、セクハラなんか論外なんだけども、そういうことも含めて環境整備することをしなければいけない。(都内の講演で)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント