[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は25日、森友学園や加計学園問題などをめぐり審議拒否を続ける野党から内閣不信任決議案が提出された場合の衆院解散について、「(与党の)幹事長の知らない解散なんか世の中にあるわけない」と述べた。

 安倍晋三首相との会談後、首相官邸で記者団に語った。衆院解散について、自民党の森山裕・国会対策委員長は25日朝、記者団に「(野党から)不信任案が提出されれば衆院を解散するのも内閣の選択肢だ」と言及。野党を牽制(けんせい)する狙いがあったとみられるが、二階氏が火消しした格好だ。

 二階氏は「(衆院解散を)発言した人に聞いて下さい。いちいち、国対委員長が何を言ったからって、弁明したり説明したりするのが我々の務めではない」とも述べた。