秋篠宮妃の紀子さまと長女眞子さまは26日午前、東京・上野の国立国会図書館国際子ども図書館で、展示会「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の世界」を鑑賞した。

 オランダ国内で、最も権威ある「金の石筆賞」などを受賞した児童書269冊を展示。説明役を務めた翻訳家野坂悦子さんによると、眞子さまは「日本の本とサイズも、絵のタッチも違う。表紙を見るだけでも読みたくなりますね」と見入っていた。紀子さまは「オランダの本の魅力が伝わりました」と話し、「読みたい本が増えましたね」と眞子さまと顔を見合わせていたという。(中田絢子