[PR]

 韓国大統領府は26日、27日に開く南北首脳会談の日程を発表した。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は午前9時半、板門店の南北軍事境界線を徒歩で越え、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の出迎えを受ける。双方が「歴史的な初の出会い」とするこの模様は生中継され、世界に同時に伝えられるとしている。

 首脳会談は、午前10時半に韓国側施設「平和の家」で始まり、昼食を挟んで午前と午後に分けて行われる。終了後に合意文書への署名と発表を予定している。韓国側は共同記者会見を提案しているが、現時点では「合意内容によって形式や場所を決める」と述べるにとどめた。朝鮮半島の非核化をめぐり、正恩氏の出方が不明なことが背景にあるとみられる。

 正恩氏は会談前、韓国軍の儀仗(ぎじょう)隊による歓迎を受ける。午後の会談の前には2人で軍事境界線上に移動し「平和と繁栄」の意味を込めた松を記念植樹する演出もする。融和を演出したい南北の意向が一致した。

 正恩氏に同行するのは妹の金与正(キムヨジョン)氏、金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長、金英哲(キムヨンチョル)党副委員長ら側近。正恩氏の妻の李雪主(リソルチュ)氏が同行するかは未定としているが、韓国大統領府は「夕食会への参加を期待している」と述べた。(ソウル=武田肇)

27日の南北首脳会談の日程

(韓国大統領府発表)

9:30 金正恩・朝鮮労働党委員長が、板門店の軍事境界線を越えて韓国側へ。文在寅大統領が境界線まで出迎え

9:40 板門店広場で韓国軍の儀仗(ぎじょう)隊による歓迎行事。その後、会談場の「平和の家」に移動し、正恩氏は芳名録にサイン、記念撮影

10:30 首脳会談開始。会談後、昼食、休憩

午後 2人で軍事境界線上に「平和と繁栄」を祈願する松を記念植樹。その後、首脳会談再開。会談後に合意文の署名と発表。形式と場所は未定

18:30 歓迎夕食会、歓迎行事